スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり 

彼しかいないでしょ。



<サッカー日本代表>次期監督、オシム氏就任へ
 毎日新聞

 サッカー日本代表の次期監督に、Jリーグ1部(J1)・ジェフ千葉監督のイビチャ・オシム氏(65)が就任することが確実になった。24日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会から帰国した日本サッカー協会の川淵三郎会長が、会見で明らかにした。監督候補は既にオシム氏1人に絞られており、同協会の田嶋幸三技術委員長が26日、オシム氏が滞在する欧州に渡り、条件面など細部の交渉を行う。
 オシム氏に監督就任を要請した理由について、川淵会長は「Jリーグ下位にいた千葉を魅力あるチームに変えた手腕」「ジーコ監督の考え方を継承できる指導者」――の2点を挙げた。
 ジーコ監督は、成績にかかわらず、W杯ドイツ大会を限りに退任することが決まっていた。日本協会では以前からジーコ監督の後任選びを進め、W杯開幕直前に田嶋技術委員長がオシム氏と会談し、就任を要請。オシム氏は、Jリーグがシーズン中であることなどから回答を保留しているが、契約がまとまれば、7月の同協会の理事会で正式承認される見込みだ。8月9日に予定している親善試合(東京・国立競技場、相手未定)が初戦となる。
 オシム氏はサラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身。90年W杯イタリア大会では監督として旧ユーゴスラビアを8強に導いた。03年にジェフ千葉(当時・市原)の監督に就任。運動量の多い攻撃サッカーで若手を育て上げ、昨年のヤマザキナビスコ・カップでは、千葉にJリーグ初のタイトルをもたらした。【村田隆和】
 ◇イビチャ・オシム 1941年サラエボ出身。旧ユーゴスラビア代表時代は攻撃的MFとして活躍。64年東京五輪の日本戦では2得点を挙げた。86年から旧ユーゴの監督に就任し90年イタリア大会ベスト8。94年からオーストリア1部リーグのシュトルム・グラーツで指揮を執り、欧州チャンピオンズリーグ出場を果たした。03年、J1千葉(当時は市原)監督に就任した。190センチ、90キロ。



絶望が希望がに変わる。。これでまた強くなれるさ。
蹴球論の授業で取上げられたときオシムの功績を知った。歓喜と悲劇を経験した壮絶としか言いようがない彼のサッカー人生すべてを注ぎ込んで強いチームを作ってほしい。
スポンサーサイト

ハーフナーマイク 

が横浜FMで活躍。もしかして彼はサッカー好き日本人なら知らない人はいない名選手ディドハーフナーの息子では??1,2年前に横浜入ったのは知っていたがほんとにそれが彼なのか??もうJで2世選手が活躍するのかー自分も歳とるワケだわー。。

いや、でもマイクはホントにディドの息子なのか?気になって眠れないなぁ。。

大吾はヴェルディで活躍して欲しかったのに 

浦和強いねー。負けなし首位。でも好きじゃないんだけどね。なんでかとゆーと相馬を獲ったから。ただそれだけ。でもそれがデカイんだよ。
今期のJリーグは小林大吾、藤本など個人的に期待の選手が大活躍でうれしいです。藤本のサインもらっときゃよかったわ。昨日卒業しちゃったよ…

そんなことよりヴェルディ逆転勝利。1試合少ないが勝ち点9で2位とまあまあですね。内容なんていいんですよ、勝てば。今はね。次節は味スタで首位の柏戦なんで久々に参戦してこようかと。そーいや最後に見に行った試合も国立でのヴェルディ対レイソルでした。。そのときは負けたんでそのリベンジも兼ねまして。個人的には早く飯尾を出せと。

陽の目を見ないJ2 第一回 

ということで、少しはヴェルディ以外の話題も書こうかと。
関係無いですが、小林大吾が開幕戦1ゴール1アシストの大活躍だったそうで…。大宮なんて嫌いです。

J最短…横浜FC開幕1戦で監督解任

 横浜FCが6日、足達勇輔監督(44)を解任し、後任監督として高木琢也コーチ(38)の昇格を決めた。横浜FCは4日のJ2開幕戦でJリーグ新加入の愛媛と対戦し、0-1と敗れたばかり。J1昇格という大目標に向けて、第1節終了後というJリーグ史上最短での監督交代を決めた。高木新監督は7日の練習から指揮し、かつて日本代表で2トップを組んだ監督補佐のFWカズ(三浦知良=39)とともに巻き返しを目指す。

 開幕からわずか3日、異例の早さの決断だった。4日に松山に乗り込んでの愛媛戦は、攻めながらもチャンスを生かせず、終了間際にゴールを許して痛恨の敗戦。「カギはスタートダッシュ」と話していた足達監督の思惑は外れ、会見でも選手交代について「私のミス」と話した。ミーティングで選手に対して試合の采配についての意見を求めたほど、迷いも見られた。

 今年はJ1昇格だけを目標に、選手を大幅に補強して臨んだ。グアムと熊本のキャンプでチームづくりを目指したが、頼みの新外国人は体調不良などで出遅れ。攻撃面のメドも立たないままリーグ戦に突入したが、結局準備不足がスタートのつまずきという最悪の結果につながってしまった。

 愛媛戦終了後には、奥寺GM、関口、神野強化担当らフロント陣が無言のままで会場を後にするなど、緊迫感が漂っていた。5日には緊急会議を開き、監督交代を決定。練習休みのこの日に発表し、選手にも連絡した。坂本副社長は「1試合だけではなく、昨年や今年のキャンプを見て、このままでは1部に上がるのは難しいと判断した」と、電撃的な交代を説明した。

 もともと11位に終わった昨年オフにも監督交代の動きはあったが、フロントが高木氏をコーチに招へいして続投を決定。しかし、監督補佐のカズは愛媛戦後、チーム状態に「最悪。このままではJ1昇格は難しい」と憤っていた。高木新監督は昨年S級指導者ライセンスを取得したばかり。かつて代表で2トップを組み、同じドーハ組の監督補佐カズとのコンビで昇格を目指すが、関口強化部長は「指導陣の強化は、継続的に考えていく」と、全力を挙げてJ1昇格だけを目指すことを強調していた。

(日刊スポーツ)



高木琢也ってS級持ってたんだね。知らなかったわ。アジアの大砲と呼ばれた名FWももう監督になる時代ですか。個人的に代表時代の高木って格下のアジアの国が相手の試合ばっかり点入れてて、強豪相手にはさっぱりってイメージが強いんだけど監督でもそーゆー戦い方なんすかね?でも格下に確実に勝って取りこぼしを無くすのは非常に大切だと思うし、そーすればJ2上位も十分狙えるんじゃないかな?まぁ愛媛に完封されてるようじゃ横浜FCより格下ってどこだよwって話ですが。
今年はヴェルディ、柏に続く3位プレーオフ争いになんとか食い込めれば上出来じゃないですかね。神戸とかどっぷりJ2の沼に浸かってそうなんでいけるかもしれないと思うのは自分だけでしょうか。

ヴェルディ快勝!! 

羽田インターから谷田部インターまでまさかの43分ですよ!(首都高28分、常磐道15分)
行きは亀よりものろい首都高で日吉まで3時間以上かかったのに…。
昼間の首都高は快適。TXよりも早いとは驚きじゃ。。
今回のお出かけ総走行距離は460㎞ですたー。


爆睡していたため国立に行けなかったけど、上々の発進!

東京Vラモス監督ドキドキの1勝/J2

<J2:東京V4-1徳島>◇第1節◇4日◇国立

 東京Vのラモス瑠偉新監督(49)が、初陣を白星で飾った。開幕戦で徳島と対戦。先制を許したが1-1で折り返したハーフタイムにラモス流の「暗示」をかけ、硬さの見えた選手を鼓舞。後半の3得点の猛攻につながり、4-1の大勝に導いた。降格組では柏は1-1で湘南と引き分けたが、神戸は0-3と草津に惨敗した。新加盟の愛媛は1-0で、FWカズ率いる横浜FCを破った。

 勝った。ラモス新監督は拳を強く握り、小さくガッツポーズを決めた。都並コーチとガッチリと握手し、柱谷コーチと熱い抱擁。ヴェルディ黄金期メンバーと一緒に、記念すべき初勝利を喜んだ。93年5月15日、選手としてのJリーグデビュー戦は国立で1-2と横浜に敗れたが、監督ラモスの初陣は白星だった。

 「ハラハラ、ドキドキ、イライラでした。Jの監督はつらいもんやなあ。残り試合持つかなぁ。心臓に悪い」。渋い表情で振り返った。だが、選手とともに戦った勝利だ。相手の徳島田中監督は1度もベンチを出なかったが、90分間で36回もベンチとピッチを往復。大声で指示を出し、声をからした。観衆7587人の大半が東京Vサポーターだったが、MF大橋は「監督の声しか聞こえなかった」。熱意が実を結んだ。

 ラモス流の「暗示」も見事にハマった。前半23分に今季J2で最初に失点した。「相手を自由にさせすぎ。みんなを落ち着かせるため、オレがユニホーム着て出ようかと思ったよ」。それでも何とか1点を返し、同点で折り返したハーフタイム。指揮官がゲキを飛ばした。「自信持てよ。大丈夫って。楽しくやりなさい」。得意のカミナリではなく、緊張でガチガチに硬まった選手の心と体を解きほぐした。すると後半、ゴールラッシュ。FWバジーリオの2得点などで逆転した。

 「何で硬くなるか分からなかった。目立とう精神がない。勝ててうれしいけど、反省点も、試合もまだまだたくさんある」。中3日で8日には、再び国立でアジアCLの蔚山現代戦を迎える。「強いのは分かってる。勇気持って、自信持って、チャレンジしていくだけ」。初陣は飾ったが、戦いはこれからが本番。熱いハートで選手と一緒に、常勝街道を突っ走る。

(日刊スポーツ)



すばらしい。飯尾がちょっとしか出なかったのは残念だけど、シュート7本で4得点の決定力は高評価ですな。柏、神戸がつまづいてるので今年は勝ち点100以上で昇格ねらえますな。ムフフ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。