スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり 

彼しかいないでしょ。



<サッカー日本代表>次期監督、オシム氏就任へ
 毎日新聞

 サッカー日本代表の次期監督に、Jリーグ1部(J1)・ジェフ千葉監督のイビチャ・オシム氏(65)が就任することが確実になった。24日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会から帰国した日本サッカー協会の川淵三郎会長が、会見で明らかにした。監督候補は既にオシム氏1人に絞られており、同協会の田嶋幸三技術委員長が26日、オシム氏が滞在する欧州に渡り、条件面など細部の交渉を行う。
 オシム氏に監督就任を要請した理由について、川淵会長は「Jリーグ下位にいた千葉を魅力あるチームに変えた手腕」「ジーコ監督の考え方を継承できる指導者」――の2点を挙げた。
 ジーコ監督は、成績にかかわらず、W杯ドイツ大会を限りに退任することが決まっていた。日本協会では以前からジーコ監督の後任選びを進め、W杯開幕直前に田嶋技術委員長がオシム氏と会談し、就任を要請。オシム氏は、Jリーグがシーズン中であることなどから回答を保留しているが、契約がまとまれば、7月の同協会の理事会で正式承認される見込みだ。8月9日に予定している親善試合(東京・国立競技場、相手未定)が初戦となる。
 オシム氏はサラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身。90年W杯イタリア大会では監督として旧ユーゴスラビアを8強に導いた。03年にジェフ千葉(当時・市原)の監督に就任。運動量の多い攻撃サッカーで若手を育て上げ、昨年のヤマザキナビスコ・カップでは、千葉にJリーグ初のタイトルをもたらした。【村田隆和】
 ◇イビチャ・オシム 1941年サラエボ出身。旧ユーゴスラビア代表時代は攻撃的MFとして活躍。64年東京五輪の日本戦では2得点を挙げた。86年から旧ユーゴの監督に就任し90年イタリア大会ベスト8。94年からオーストリア1部リーグのシュトルム・グラーツで指揮を執り、欧州チャンピオンズリーグ出場を果たした。03年、J1千葉(当時は市原)監督に就任した。190センチ、90キロ。



絶望が希望がに変わる。。これでまた強くなれるさ。
蹴球論の授業で取上げられたときオシムの功績を知った。歓喜と悲劇を経験した壮絶としか言いようがない彼のサッカー人生すべてを注ぎ込んで強いチームを作ってほしい。
スポンサーサイト

コメント

ダイニングセット

ダイニングセットを探すなら http://www.saturnalbany.com/100804/210102/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakobian.blog44.fc2.com/tb.php/141-10965ff3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。