スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェルディ快勝!! 

羽田インターから谷田部インターまでまさかの43分ですよ!(首都高28分、常磐道15分)
行きは亀よりものろい首都高で日吉まで3時間以上かかったのに…。
昼間の首都高は快適。TXよりも早いとは驚きじゃ。。
今回のお出かけ総走行距離は460㎞ですたー。


爆睡していたため国立に行けなかったけど、上々の発進!

東京Vラモス監督ドキドキの1勝/J2

<J2:東京V4-1徳島>◇第1節◇4日◇国立

 東京Vのラモス瑠偉新監督(49)が、初陣を白星で飾った。開幕戦で徳島と対戦。先制を許したが1-1で折り返したハーフタイムにラモス流の「暗示」をかけ、硬さの見えた選手を鼓舞。後半の3得点の猛攻につながり、4-1の大勝に導いた。降格組では柏は1-1で湘南と引き分けたが、神戸は0-3と草津に惨敗した。新加盟の愛媛は1-0で、FWカズ率いる横浜FCを破った。

 勝った。ラモス新監督は拳を強く握り、小さくガッツポーズを決めた。都並コーチとガッチリと握手し、柱谷コーチと熱い抱擁。ヴェルディ黄金期メンバーと一緒に、記念すべき初勝利を喜んだ。93年5月15日、選手としてのJリーグデビュー戦は国立で1-2と横浜に敗れたが、監督ラモスの初陣は白星だった。

 「ハラハラ、ドキドキ、イライラでした。Jの監督はつらいもんやなあ。残り試合持つかなぁ。心臓に悪い」。渋い表情で振り返った。だが、選手とともに戦った勝利だ。相手の徳島田中監督は1度もベンチを出なかったが、90分間で36回もベンチとピッチを往復。大声で指示を出し、声をからした。観衆7587人の大半が東京Vサポーターだったが、MF大橋は「監督の声しか聞こえなかった」。熱意が実を結んだ。

 ラモス流の「暗示」も見事にハマった。前半23分に今季J2で最初に失点した。「相手を自由にさせすぎ。みんなを落ち着かせるため、オレがユニホーム着て出ようかと思ったよ」。それでも何とか1点を返し、同点で折り返したハーフタイム。指揮官がゲキを飛ばした。「自信持てよ。大丈夫って。楽しくやりなさい」。得意のカミナリではなく、緊張でガチガチに硬まった選手の心と体を解きほぐした。すると後半、ゴールラッシュ。FWバジーリオの2得点などで逆転した。

 「何で硬くなるか分からなかった。目立とう精神がない。勝ててうれしいけど、反省点も、試合もまだまだたくさんある」。中3日で8日には、再び国立でアジアCLの蔚山現代戦を迎える。「強いのは分かってる。勇気持って、自信持って、チャレンジしていくだけ」。初陣は飾ったが、戦いはこれからが本番。熱いハートで選手と一緒に、常勝街道を突っ走る。

(日刊スポーツ)



すばらしい。飯尾がちょっとしか出なかったのは残念だけど、シュート7本で4得点の決定力は高評価ですな。柏、神戸がつまづいてるので今年は勝ち点100以上で昇格ねらえますな。ムフフ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yakobian.blog44.fc2.com/tb.php/52-71281d49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。